コラム

遅刻した時に使える言い訳|使う場面を考えれば噓だとばれにくいフレーズとは

遅刻した時に役立つ言い訳テクニック

みなさん、こんにちは。いつもお忙しい中、お時間を割いてこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回の記事は、遅刻した時につかえる言い訳についてお伝えします。遅刻は誰しも経験するものであり、必ずしも避けられない場合もありますよね。しかし、遅刻したときには言い訳をすることで、周りの心境を和らげることができる場合もあります。そこで、今回は遅刻した時の言い訳を使った周りの心境についてご紹介します。みなさんもぜひ参考にしていただき、上手な遅刻の言い訳をマスターしてください。それでは、本題へ入る前に、遅刻した時の言い訳について少し掘り下げていきましょう。

遅刻した 言い訳の種類

遅刻は誰しも避けたいものですが、時には予期せぬ事情で遅刻してしまうこともあります。そんな際に使える言い訳は、実は様々な種類が存在します。遅刻した理由によって使い分けることで、相手に対して誠実さを感じさせることができます。

1. 交通機関のトラブル

交通機関のトラブルは遅刻の最も一般的な理由です。電車やバスの遅れ、渋滞などが起こった場合には、以下のような言い訳が有効です。

  • 電車の遅延による遅刻
  • バスが来なくて待ち時間が長くなった
  • 渋滞に巻き込まれてしまった

電車が遅れました

自分は何の問題も無ければ遅刻しないですんだけど電車のせいで遅れました

口頭のみで信じてもらえればそれで良いのですが、疑り深い人は乗った時間や○○線に乗ったの等と確認してくることでしょう

今はスマートフォンで検索出来てしまうので、嘘とばれる可能性があります

もし会社の遅刻でその言い訳を使った場合遅延証明書を持ってきてほしいと言われる場合もあるので、

諸刃の剣でしょう。噓とばれた場合、会社の信用を落とすことになります

2. 突発的な体調不良

体調不良も遅刻の言い訳として一般的です。急な発熱や体調不良によって、予定よりも遅れてしまった場合には、以下のような言い訳が利用できます。

  • 急な風邪で体調がすぐれなかった
  • 頭痛や吐き気があり、出かけるのが困難だった
  • 風邪薬を飲んでいたら眠気が襲ってきた

体調不良は自分の身体に関わる問題であるため、相手も理解してくれることが期待できます。

電車に乗ってる時に体調不良になってしまいお手洗いに行ってました

無難な言い訳と言えるでしょう

友達や親、親友、等あなたの事を大切にしてる方は大丈夫?と心配してくれるので、遅刻しても許してくれることでしょう

ですが罪悪感を感じる事になるかも知れません。そこは覚悟しましょう

しかし会社の場合は違うかも知れません。心配してくれる人もいれば、体調管理がなっていないと怒られる可能性があります

ですが仕方ありません。そこは申し訳ございませんと誠意を持って謝りましょう

3. 予期せぬイベントやトラブル

予期せぬイベントやトラブルによって遅刻した場合には、以下のような言い訳が有効です。

家族の体調不良による急な対応が必要だった

家族の体調不良には口を出しにくいはずです

自分の事ではなく家族の事。しかも小さい子供ならなおさらです

放っておけなんて言えるはずもなく理解してくれるでしょう

突然の仕事のトラブルに対応しなければならなかった

私が担当だから私がやるしかない…専門的な内容で私以外対応出来ない

等変わりがいない場合良い言い訳と言えるでしょう

仕方ない…と理解が得られます

ですが何処に行ってたの?誰と話したのに?これを聞かれたら上手く誤魔化すしかありません

友達、親、親友等は簡単に誤魔化せることでしょう

自分が勤めてる会社に聞かれたら詰みです。もうどうすることもありません

しかし、それ以外の会社だったら簡単に誤魔化す事が可能です

例えば自分がメーカー勤めなので他の会社に機械を治す仕事をしている場合出張する事になると思います

申し訳ないですが言えません。…自分が勤めてる会社に他の会社の事は言わないでと言われるので…

と言えばしつこく聞かれる事もないでしょう

遅刻した 言い訳のメリット

遅刻は誰にとっても困りますが、適切な言い訳を持つことにはいくつかのメリットがあります。以下に、遅刻した時の言い訳を使うことのメリットについてご紹介します。

1. 周りの理解を得ることができる

遅刻した時に適切な言い訳を伝えることで、周りの人々から理解を得ることができます。たとえば、交通渋滞や列車の遅延などの外部的な要因によって遅刻した場合、それを的確に伝えることで、他の人々も同じような状況に置かれた際には、あなたの遅刻に理解を示してくれることでしょう。

2.自己振り返りと成長の機会になることがある

遅刻が起きた場合、言い訳を使うことはあくまで一時的な対応策です。しかし、その言い訳を通じて自分自身を振り返り、遅刻を起こさないための改善策を見つけることができるでしょう。言い訳を使うことで、自分自身の行動を客観的に見つめ直す機会を得ることができ、それが成長に繋がることもあります。

遅刻した時の言い訳は、ただ単に遅刻の責任を逃れるためだけでなく、周りの理解や自己成長のためにも役立つものです。適切な言い訳を使いつつ、遅刻を防ぐための努力も怠らないようにしましょう。

遅刻した 言い訳のデメリット

遅刻することは、誰しも避けたいものです。しかし、どうしても遅刻せざるを得ない状況になった場合、言い訳を使うことがあります。しかし、言い訳をすることにはいくつかのデメリットがあります。以下にそのデメリットをご紹介します。

1. 周りの迷惑

言い訳をしている間、遅刻の責任を他人に押し付けることになります。これは、他の人にとって迷惑な行為です。自分の遅刻の原因を他人に転嫁することで、周りの人々は余計なストレスを抱えることになるでしょう。人間関係を築く上で、他人の負担を最小限にすることを心がけましょう。

例えば店のシフトで自分が入る時間は2人しかいない

それなのに自分が遅刻した場合1人で店を回すことになります

誰かが代わりに仕事に入ってくれれば別ですが、棟梁に迷惑をかかっていることに違いはありません

2.自己成長の機会の損失

遅刻の言い訳を続けることで、自己成長の機会を逃してしまう可能性があります。遅刻の原因を分析し、改善策を見つけることで、自分自身を成長させることができます。しかし、言い訳をすることで自己反省の機会を逃し、同じ過ちを繰り返してしまう可能性があります。遅刻の原因を真剣に考え、改善することで、自己成長につなげましょう。

3. 周囲の評価の低下

遅刻の言い訳を繰り返すことで、周りからの評価が低下する可能性があります。他の人は、遅刻の言い訳を聞かされることで、その人の責任感やプロフェッショナリズムに疑問を持つかもしれません。このような評価の低下は、仕事や学校など、さまざまな場面で大きな影響を及ぼす可能性があります。言い訳をすることで、自分の評価を下げないように気を付けましょう。

こんなに遅刻をしてくる人に仕事を任せられないと昇進、昇給が遅れる可能性もあり得ます

5. ストレスの増加

言い訳は、遅刻の原因を他人に押し付けることで、一時的に自分を守ることができるかもしれません。しかし、その後の責任の重さや罪悪感によって、自己ストレスが増加する可能性があります。また、言い訳を考えること自体もストレスを引き起こすことがあります。遅刻の問題に対して前向きに取り組むことで、ストレスを軽減することができます。

以上が、遅刻の言い訳によって生じるデメリットです。遅刻した場合は、言い訳に頼る前に、自分の行動を振り返り、改善策を考えることが重要です。自己の成長や周囲の人々との関係を考えると、言い訳をすることは避けた方が良いでしょう。

遅刻した 言い訳の注意点・初心者が気をつけるべきこと

遅刻したときには、言い訳をすることが一つの手段とされています。しかし、言い訳をする際には注意が必要です。特に初心者の方は、以下に示すポイントに気を付けることが重要です。

1. 真実を基にした言い訳をする

遅刻の理由を述べる際には、できるだけ真実を基にした言い訳をすることが大切です。嘘をついてしまうと、信頼を失ってしまう可能性があります。また、嘘がばれた場合には、より深刻な問題に発展する可能性もありますので、注意が必要です。

2. 責任を取る姿勢を示す

遅刻の言い訳をする際には、自分の責任を認め、謝罪の気持ちを伝えることが重要です。相手に対して責任を転嫁するような言い訳をすると、相手に不快な印象を与える可能性があります。遅刻したことを素直に認め、反省の意を示すことで、信頼を保つことができます。

3. 事前に連絡する

遅刻する場合は、事前に連絡することも大切です。できるだけ早めに相手に連絡し、遅刻する旨を伝えることで、相手も対応を考えることができます。また、連絡がないまま遅刻してしまうと、相手に迷惑をかけることになりますので、遅刻することが分かったらすぐに連絡するようにしましょう。

4. 遅刻の原因を分析し改善策を考える

遅刻が続いてしまう場合は、その原因を分析し、改善策を考えることも重要です。遅刻の原因が明確になれば、同じ失敗を繰り返すことを防ぐことができます。自分の時間管理や予定の立て方に問題がある場合は、改善するための努力をすることが必要です。

遅刻の言い訳は、場合によっては受け入れられることもありますが、常に真実を基にし、責任を取る姿勢を示すことが大切です。遅刻が続かないように、改善策を考え、自己管理に努めましょう。これらのポイントを意識することで、遅刻の言い訳がスムーズにできるだけでなく、周りの人々との関係も良好に保つことができます。

遅刻したときの言い訳例

遅刻の言い訳は、言葉遣いや態度にも気を配りながら使うことが大切です。相手に対して誠実であることを忘れずに、適切な言い訳を選びましょう。遅刻を防ぐ努力を怠らず、信頼を築くことができるように頑張りましょう。

遅刻した時につかえる言い訳が知りたい方へ向けた今回の記事では、遅刻の言い訳を使った周りの心境についてお伝えしました。

遅刻は誰にとっても避けたいものですが、時には予期せぬ事情や状況により避けられないこともあります。そんな時には、上手な言い訳があると周りの人々も理解してくれることでしょう。

ただし、遅刻をすること自体は好ましくありません。遅刻をする前にできる限りの準備をし、時間管理に気をつけることが大切です。

また、遅刻の言い訳を使う場合でも、誠実さと説得力を持って伝えることが重要です。相手に対して感謝の気持ちや謝罪の意を忘れずに伝えることで、信頼関係を構築することができるでしょう。

遅刻は避けられない場合もあるかもしれませんが、その際にはぜひこの記事でご紹介した言い訳の一つを参考にしてみてください。周りの人々との関係を大切にしながら、遅刻に対する誠実な対応を心がけましょう。

それでは、今回の記事はこれにて終了とさせていただきます。今後も役立つ情報をお届けできるよう努めてまいりますので、引き続きブログのご愛読をよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人

itacyoko

会社員として働きつつ空いた時間を見つけてブログを書いています 自分自信を変える為に、このブログで幸せになる人が増えると嬉しいなと思います 頑張って更新するので読んでくれると嬉しいですー Twitterやっているので、フォローしてくれると嬉しいです https://twitter.com/itacyoko77

-コラム
-, ,